2018年1月19日金曜日

車検が1日で完了、代車N-WGNの試乗、後継車にふさわしい⁉

2017年10月10日(火)のブログにて、車検3か月前の無料点検を受けたと話していました。
そして次も点検パックに加入することにして、代車はN-WGNで車検日も予約してきたとも。
予定どおりに、本日車検が完了しました。(20180119金)
今までは2日かかっていたのに今回は1日で完了しました。
朝の10時過ぎに女性スタッフが車を取りに来てくれました。
そして代車にN-WGNを置いていってくれました。
走行距離がまだ280キロにも達していないような新しい車を。

今回は1日で車検が完了したので、カミさんを乗せてあげる間がありませんでした。
今までのように2日であれば、翌朝駅まで送っていってあげれたのですが……。
試し運転をサンドラッグまでの買い物のときに行ってみましたが、なかなかいいですね。
横幅がフィットより狭いのに室内の圧迫を感じないのが不思議ですね。
エンジンも静かで音が気になることはありませんでした。
スタイルもN-BOXよりはかっこいいと思います。
運転の位置がフィットよりも高いので視界も開けていて運転しやすいですね。
これならカミさんも運転できることでしょう。
次のモデルチェンジが期待されますわ。
納車が18時過ぎだったので、精算時にはカミさんも仕事から帰っていてお茶をふるまってくれたので助かりました。
合計金額は135,978円となりました。
スタッフがN-WGNのパンフとアクセサリーカタログ、さらに商談見積書までも置いていってくれましたわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2018年1月17日水曜日

脱皮方法2つ目が見つかる、「今の自分の体に合った最適な環境で作業をするようにしよう」、今までの方法はリセット

腰痛対策として最近では次のようなことを行っていました。
ダブルベッドの中央に寝て意識的にも寝返りを打つように努める。
寒いこの時期は毎朝夕お風呂にはいって腰回りの血行を促す。
しゃがむ時には手で支えるか、膝を着く。
①については、寝返りをしやすくするために、布団カバーの再利用もシーツでの布団カバーの代用もやめることにしました。
やはり、カバーは寝返りのジャマになることがわかりました。
そこで今ではカバーなしでダブルの羽毛布団を使っています。
これを使い切って、その後継は洗える羽毛布団を考えています。
②については、やはり寒いこの時期、朝夕お風呂にはいる効果は実感しています。
特に背中なんかが冷えているときがあるようで、湯に浸かるやジーンとそのことを感じたことが何度もありました。
やはり、体の冷えには自分では気づけていないようですね。
③につては、燃えるゴミ出しの日に掃除機のごみを庭に出て回収していました。
その時のしゃがみ込み方にうっかりがあり、アブナイことがありました。
ギクッとなる一歩手前で気づきましたが、そのあと左側の尻から足の付根の辺りに時々、力が入らないというか、何かフッと力が抜けるような感じのときがあります。
これが何なのか不気味に感じているところです。
今のところ自転車に乗ったり歩いて買い物に行ったりするのにはなんら支障はありません。
が、風呂に入っていてもスッと左脚の付根辺りに力が抜けた感じがするのは何か気味が悪いですね。
日常生活に支障はないとはいえ、何か不気味な感じなのです。
というわけで、ここのところは無理しないようにしています。
ゴミ出しの日でも寒い日の朝はなるべく庭で掃除機などのごみ回収はやらないことにしています。
そのようなしゃがんでの家しごとは、これからはなるべく体が解れてくる午後にするようにしようかと考えています。
つまり、今までのやり方をリセットして、できるだけ今の自分の体に合った最適な環境で作業をするようしようと方向転換を図ってみることに。
これは今年の脱皮方法の2つ目になりますかな。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2018年1月16日火曜日

「世界!ニッポン行きたい人応援団 」、海外の日本人以上のこだわりに驚く、日本の職人技に新たに感動する

テレビ番組の話が続きます。
昨晩はカミさんと夕食をいただきながら、「YOUは何しに日本へ?」を見ていました。(20180115月)
そのあと、けいじは「世界!ニッポン行きたい人応援団 」を見たかったのですが、カミさんが他の番組を見たがったので、寝室で見ることにしましたわ。
この番組は前回も見ていて、いたく感動していたのでした。
前回は【“塩鮭”愛すアメリカ女性】と【“鐘の音”愛す男】でした。
アメリカの女性は塩鮭を自分で作っていたり、アメリカの男性は100個以上の鐘を自作してしまったというのです。
これほどに心酔してしまうというのですから、あきれ果ててしまいますわ。
前世では日本にいてそれに従事していたのかなと思ってしまうほどです。
TV TOKYOのバックナンバーにリンクを張りましたが、内容が詳しく紹介されています。
今回は【“足袋”を愛してやまないアメリカ女性】でした。
彼女も自分で足袋を手作りしていました。
このバックナンバーも内容を詳しく紹介してくれています。
いずれも日本の伝統工芸と職人技が事細かに紹介されています。
ふだん何気なく食べたり、見たり、接しているものに、いかに手間暇がかかっているかに今更ながら驚いていますわ。
足袋の留め金(足首後ろ部分の合せを留める爪型の金具)を「こはぜ」というのを知りました。
そういえば、テレビドラマ『陸王』で老舗足袋業者の名前が「こはぜ屋」となっていますが、この「こはぜ」からきているのでしょうかね。
ほんと、この番組は勉強になります。
やはり、最近いい番組が増えていますわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

けいじの目指す髪型の案内人が「ブラタモリ宝塚へ」に、「ニッポン視察団スペシャル」のトルコ人が愛するクシモトに再感動

1月14日(日)のブログで、「ブラタモリ♯55宝塚」を紹介していました。
この番組のルート4[娯楽の殿堂の誕生01-02]で案内人を務めていた方の髪型が今けいじが目指しているヘアースタイルなのです。
髪をうしろで結わいていました。
この方のヘアースタイルは服装にも合っていましたね。
センスもいいいですね。
見本としたいですわ。
そのブログのなかで、録画ボタンを押したあとに「ニッポン視察団スペシャル 日本人が知らない!?NIPPONのニュース」を見ていたと話していました。
その1つに、【トルコの教科書に掲載「クシモト」 トルコ人が愛する理由とは?】というのが出てきました。
とっさに、これは映画で観たやつだと思いましたわ。
こちらも、すぐさま録画ボタンを押しました。
あとで、カミさんに見てもらうために。
この映画についてはブログでも採りあげた記憶があるので、けいじのブログ画面左上に「映画トルコ」と入力して検索してみました。
すると関連記事が3点出てきましたわ。
2015年12月15日(火)「日本・トルコの合作映画『海難1890』、感動で涙がとまらず」
2015年12月15日(火)「映画『海難1890』の鑑賞後、翌日にはセレンディピティが起こる」
2015年12月23日(水)「映画『海南1890』の献身的救助、勝浦にも同じくハーマン号海難事故の救助劇を見つける」
やはり、これには感動しますね。
この話がトルコではよく知られているのに、日本ではあまり知られていないようなのです。
最近、このようなためになる番組が増えているように思います。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2018年1月14日日曜日

「ブラタモリ 宝塚へ」を見て、単身赴任で移動するときの記憶が蘇る、Gmailのおかげで

昨晩、「ブラタモリ」が宝塚をとりあげていました。(20180113土)
カミさんが宝塚歌劇の大ファンです。
すかさず録画ボタンを押していました。
カミさんが新年会で飲み会に出掛けていました。
ひとり晩酌しながら自由自在にチャンネルをシフトしていて、偶然に見つけました。
けいじは録画ボタンを押したあと「ニッポン視察団スペシャル 日本人が知らない!?NIPPONのニュース」を見ていましたけどね。
今朝ほど、ふたりで朝食を取りながら録画しておいた「ブラタモリ♯55宝塚」を見てみました。
宝塚温泉が出てきたときに、西宮に単身赴任で移動するときのことが蘇ってきました。
転勤で移動するときに宝塚の温泉付きホテルに泊っていたのでした。
その時はホテルの名前が出てきませんでした。
ひょっとしたら、その時のやり取りがGmail にあるかもしれないと、あとで調べてみることに。
「宝塚」で検索してみたら出てきましたわ。
その時に予約していたチェックインの日時が次のとおり出てきました。
2006年03月29日15:00 ホテルチボリ
2006年03月30日18:00 宝塚ワシントンホテル
このときも腰の具合が良くなかったので、車での移動を試みていました。
高速道路のサービスエーリアで休んでは歩き休んでは歩いて腰の調子を整えながら走行していたのでした。
メールの前後も調べてみると転勤のときのスケジュールも出てきました。
転勤スケジュール(津田沼 → 神戸)
3月28日(火)家財の搬出 午後
3月29日(水)車で神戸に移動
3月30日(木)引継ぎ(事務所・社宅回り等)
3月31日(金)家財の搬入 午後 (家内が手伝いに来る)
4月01日(土)社宅の片付け、買い物
4月02日(日)社宅の片付け、買い物
4月03日(月)神戸支部仕事開始
前任者も東京に引っ越しするので、引継ぎを30日に行っていたのですね。
この記録を見てようやく少しづつ記憶が蘇ってきました。
このような記録が残っていないと、最近でははっきりと思い出せないことがよくあります。
その意味で今は便利な世の中になったものです。
スマホであれ何であれ発信さえすれば、記録が残る時代になってきたのですからね。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2018年1月11日木曜日

今年1回目の成田国際空港、ねねちゃんの靴を車に忘れる、今回の運転で自信が持てるように

昨日、孫娘一家を成田国際空港まで送って行ってきました。(20180110水)
今年の1回目です。
成田国際空港に最後に送っていったのはいつかと「けいじのがらくた話」のブログ内で検索してみました。
すると、2017年7月7日(金)にアンコールワット遺跡の見学に出かけるカミさんを送って行っていました。
今度は孫娘たちを最後に送っていったのはいつかと、同ブログ内で検索してみました。
すると、2017年6月3日(土)[2017年の6回目]と2017年6月10日(土)[2017年の7回目]が出てきました。
この時は、孫娘のねねちゃんが風邪と中耳炎で熱を出したので、先に孫娘のあこちゃんとムコ殿を成田国際空港まで送っていったのでした。
ねねちゃんは大事を取って、完治してから娘と帰ることになったのでした。
1週間で完治したので、それからカミさんと見送りに行っていましたわ。
リンク張るためにブログを探していて、そんなこともあったんだ、と懐かしく思い出しています。
今回のドライブは腰痛再発後の久しぶりに長い距離の運転だったので、少し不安が付きまとっていました。
あまり無理な運転はしないようにしようと思っていました。
幸いにも、今までのような朝の早いフライトではなかったので助かりましたわ。
行きはナビをスマートルートに設定して高速道路を、帰りは最速無料優先ルートにして一般道路を走行しました。
第二ターミナルの車寄せで見送って、家に向かって15分ばかり走行したところで、メール音が飛び込んできました。
信号で停まったときにスマホを見てみると次のメッセージが娘から入っていました。
「ねねの靴忘れたーw座席の下の方にあるかも」
しばらく走行したのち車寄せのあるところで一時停止して、確認してみると後部座席の下にねねちゃんの靴、正確にはブーツがありました。
空港に向かう前からねねちゃんは眠っていましたからね。
さらに、あこちゃんも降りる時には寝ちゃっていました。
「戻ろうか⁉」とメールしてしばらく待っていましたが、返事がないのであきらめ、家に向かうことにしました。
そのように決断したのは、空港に戻るについては運転に自信がなかったのと、靴は空港でも買えるかなと思ったからでした。
しかし、空港に戻れば、まだ搭乗までに間に合うかもしれないな、という心の葛藤もありました。
今回はけっこう早い時間に空港に着くようにしていたようです。
それは、前回ホンコンでフライトを乗り過ごしてしまったようで、その反省で、かなり余裕を持って空港に着くようにしたようです。
いつもは、フライト便と時刻をメールで知らせてくれるのですが、今回はフライトの時間も便も教えてもらっていませんでした。
そんな時にも、情報がそれなりの、つまり少ない情報での最大効果を発揮するような行動をとるようにするのが、けいじスタイルなのです。
そこで、これも1つの試練なのだと思い直すことにしましたわ。
この偶然にも与えらえた教訓を活かすべきなのだとも。
つまり、次のように。
空港から車を発進するときに、一応忘れ物がないかをざっとチェックしたのですが、シート下までは覗き見していませんでした。
これは次回の反省課題となります。
この覗き見姿勢こそがけいじの腰にとってはアブナイのです。
これは誰かに見てもらえばいいじゃないかと思いました。
家に帰ってからの「家しごと」が待っているので、途中で昼食を取ることもなく、家に直行しました。
家に着くなり気になっていたので、「靴は買えたかな⁉家につきましたわ!」とメールしました。
すると、「なかったから靴下で歩いているよw」「ありがとうございました!搭乗です!」と返信がありました。
ねねちゃんにとっては、靴なしの方が歩きやすいのかもしれないなと一瞬思いましたわ。
久しぶりの長距離運転で疲れと帯状疱疹跡への刺激は感じましたが、どうにか無事に帰ってこれました。
腰も持ちこたえてくれました。
これで、また運転にも自信が持てましたですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2018年1月9日火曜日

孫娘あこちゃん一家がやってくる、4人の孫たちがそろう、賑やかな夕食会となる

本日、今度は孫娘のあこちゃん一家がやってきました。(20180109火)
前日松山から成田空港に着いて、またもや東京で民泊したようです。
この日もカミさんは仕事ですが、家に居れば民泊することもなく我が家に泊りに来ていたでしょうに。
昼の1時半に津田沼駅に着くというので、車で迎えに行ってきました。
前日、車をみがいていたのですが、今日の強風でフロントガラスはチリが気になるほどになっていました。
4月並みの温かい日だったので、出発前に残り湯を使ってみがいておくべきでしたわ。
その後、仕事帰りのカミさんと一緒に津田沼大好きりくちゃん、ことちゃん、2女もやってきました。
りくちゃんは1/6(土)に帰ったあとも、また津田沼に行きたいとわめいていたようです。
そんなときに、あこちゃんが我が家に来るというのを知って、さらに津田沼に来たがったようです。
けいじがあこちゃんとお留守番している間に、3女とムコ殿が車でねねちゃんの予防接種に出かけて行き、その帰りにカミさんたちをピックアップしてくれたようです。
あこちゃんは一人でリカちゃん人形で遊んだり、塗り絵をしたりと、じいじとちゃんとお留守番ができましたですわ。
4歳にしては、すごい成長ぶりです。
夕食時に皆がそろうと、すごく賑やかです。
孫たち4人が列をなして歓声をあげながら部屋中を駆け回って、喜々と雄叫びを上げています。
食事も忘れたかのように喜びに満ちてはしゃぎ回っていました。
子供たちにはこのような時間が大切なのですね。
大人たちはそれを見守りながら夕食をいただいていました。
そのうち、1人2人と食卓についてきました。
りくちゃんとあこちゃんは、今ではちょうどいい遊び仲間です。
ことちゃんとねねちゃんは同じ年月に生まれていますから、これまたいいコンビですわ。

皆でお風呂にも一緒に入って楽しんでいたようです。
しかし、明日は学校があるので、りくちゃんたちは夕食後には帰って行くことに。
3女が津田沼駅まで車で送って行ってくれたので助かりましたわ。
あこちゃんは遊び疲れたのか、自分の保育園でのビデオを見ながら、最後はぐずりつつもムコ殿に抱かれて寝てしまいました。
その傍らで、ねねちゃんはベビーチェアーに乗ったり降りたり座ったりを何度も繰り返していました。
これを見ていて、リハビリの重要性は、さもあらん、と思いしらせれましたわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。