2017年1月24日火曜日

赤ちゃんにも使えるバスクリン薬用入浴液、無料サンプルを申し込む

2017年1月19日(木)付けの新聞にバスクリン薬用入浴液の広告が載っていました。
キャッチフレーズが次のように。
◆乾燥性しっしんや肌荒れを防ぐ入浴剤
◆かぶれ・ただれ・あせも予防に作用する
興味があったのでカミさんがお泊りの1月21日(土)に新聞整理をしながら詳細に読んでみました。
次の点に着目しました。
・同商品の原点は、昭和41年に発売された日本初の乳幼児向け入浴剤「バスクリンベビー」
・赤ちゃん(生後3か月以上)だけでなく、高齢者の方にも使えるようにしたのが『薬用入浴液』
・季節のトラブルなど、かぶれ、ただれ、あせもを防ぐ
・刺激の少ない弱酸性で、着色料やバラベン、アルコールは不使用
・香りにもこだわり、貴重な北海道上富良野産ラベンダー(天然香料)をブレンド
・浴槽や風呂釜を傷める硫黄が入っていない
無料サンプル(50ミリリットル)を2包プレゼントとありましたので、電話をかけてみました。
仮予約すると2包が5包になるとの説明がありました。
電話に出た方が信頼にたる誠意のある応対をしてくれたので、予約してしまいましたわ。
初回届けが2月15日、2か月に1本1,500ミリリットル、2,998円(送料・佐川の代引手数料無料)
肌に合わなければ、2月5日までに断りの電話をすればいいらしいです。
また、途中いつでも変更・キャンセルも可能とのこと。
最近、カミさんがよく薬用入浴剤を買ってきてはお風呂に入れていたのです。
ないときは、けいじ米ぬか風呂にしてあげたりしていました。
しかし、孫たちが泊まりにきたときは、入れていませんでした。
乳幼児にも使える入浴剤があればいいのになと思っていたところでした。
そこで、この新聞広告が目に留まったのでしょう。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2017年1月23日月曜日

けいじにピッタリの加湿器が現われる、Anjouアロマディフューザー超音波式300ml、孫娘一家が来るので即発注

昨晩、あせることなく、手入れがしやすくて、最適な加湿器の価格動向を追ってみますと話していました。
それがそのあと、最適と思われる商品が見つかったのです。(21070122)
それに孫娘一家が翌日には帰国予定となっていました。
それならと、即発注しちゃいましたわ。
【Anjou アロマディフューザー 超音波式 300ml 加湿器 7色ムードライト 空焚き防止機能 1時間/3時間/6時間/8時間 3,599円】
実はカミさんが昨晩も孫宅にお泊まりでした。
チャンネル権に気兼ねすることもなく寛いでテレビが見れました。
これを機に、録画しておいた番組を見ては整理したりしていました。
そんなとき『TBSがっちりマンデー‼』の最後に「スゴイ社長からのプレゼント」というのがありました。
パソコンに向かいながら何気なく見ていたのですが、突然「ペーパー加湿器」という言葉聞こえた途端に耳がダンボになりました。
すぐ「ペーパー加湿器」なるものをパソコンで検索していましたわ。
調べていると偶然、上記の商品と遭遇したわけです。
何か引き付けられているような感じを受けました。
ある僥倖により偶然に出会えたという感じです。
この時初めてアロマディフューザーという言葉も知りました。
この言葉から、とっさにハッカ油も使えるなと思いましたわ。
「ガイアモ」ではハッカ油を使って失敗していましたからね。
これなら、先に紹介していた家電加湿器ほどにはスペースも取らなくていいなと思いました。
「ガイアモ」はもう寝室に設置することに決めていました。
いちいち、移動するのも面倒くさいですからね。
やはり、この2日間、実際に寝室に置いて寝てみると、確かに喉にはやさしい感じがすることを実感しましたですからね。
カーテンへのスプレーも試してみましたが、数値が上がるほどには効果が実感できませんでした。
それから、昨夜発注した商品が、成田まで孫娘たちを迎えに行く前に、届くとは思ってもいませんでした。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2017年1月22日日曜日

この時期の体調不良、またもや湿度コントロールに行きつく、次は加湿器か!?

2016年の9月までは湿度にあまり関心がありませんでした。
澤田升男さんの理想とする最適な家の湿度は50%だということを聞いて、さらに新津春子さんの予防掃除には湿度のコントロールが大切であるということを知ってから、俄然、湿度コントロールに興味を持ち始めました。
それからは、10月初めまで湿度コントロールに悪戦苦闘していました。
冬場になるとまた無関心になっていました。
それは湿度が低かったからでもあります。
ここのところリビングでは湿度が30%を切っていることもありますから。
50%が理想だとすると、これは低すぎるということになります。
しつこい咳はようやく治まってきましたが、けいじがこの時期、喉をやられたり、咳に悩まされたりするのは、ひょっとして湿度が影響しているのではないかと疑ってみました。
カミさんが昨晩、孫宅に泊りだったので、電気を使わない加湿器「ガイアモ」を寝室に持っていって試してみました。
すると、夜中に咳き込むこともなく目覚めるまでいい感じでした。
寝室で「ガイアモ」を使ってみると、湿度計はいつもより数%アップしてようで、37を示していました。
リビングで使っているときは、リビングの湿度計は30%を少し超えるくらいです。
昨年、新替したダイキンの「うるさら7AN56TPR-W」には加湿機能が付いているので、「暖房+加湿」で試してみましたが、水を使わないせいか加湿能力は低いようです。
湿度計の数値はあまり上がってくれません。
これは、もっぱら冷房用に購入したものなので、加湿機能の利用は考えていませんでしたから、特に影響はありません。
そこで、加湿器を本格的に調べてみることにしました。
価格.comの売れ筋ランキング1位「シャープ HV-F50-W [ホワイト系]」と満足度ランキング1位「パナソニック FE-KXM05-W [ミスティホワイト]」に的を絞って。
評判はパナソニックがいいので、昨日、カミさんに購入を打診してみました。(20170121)
以前購入したことがあり、クレジットカード決済ができるQoo10 EVENTが19,560円となっていましたので。
カミさんからは、エアコンに加湿機能がついているからいらない、とつれない返事でした。
今朝ほど、Qoo10 EVENTをのぞいてみると完売となっていましたわ。
そのあと、1,040円価格もアップしていました。
まぁ、しばらく価格動向を追ってみますかな。
いままで、加湿にあまりこだわっていなかったのだから、いまさらあせることなく、手入れがしやすくて、最適な加湿器を。
またもや湿度コントロールの重要性を教えられたしだいです。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2017年1月21日土曜日

水島弘史さんの『強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』、この本はいいですね

水島弘史さんの本『強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!』(講談社)を今読んでいます。
どんな料理にも共通する3つの黄金ルールがあるとおっしゃるのです。
①火加減
②塩加減
③切り方
①の「火加減」については第1章としてタイトルは次のようになっています。
【美味しい料理に強火はいらない!「火」を使いこなすルール】
それを、さっそく試しています。
小振りの焼きするめをフライパンで焼くときに冷えた状態から弱火で加熱してみました。
すると反りもなく、うまく焼けました。
味噌汁も水にダシ粉、塩、日本酒を入れて、それにカットしたほうれん草、その上に細かくカットした豆腐、カットした油揚げをのせて、弱火でじっくりと過熱。
沸騰したところで、味噌を溶いて仕上がり。
食べてみると、意外や意外、旨味というか、いつもよりコクが出ていて美味しいと感じました。
同じように、豆腐、長ねぎ、ワカメの味噌汁でも試してみました。
長ねぎは先端の緑色の部分も入れてみましたが、イヤな苦味はほとんど感じられなくなっていました。
湯通し塩蔵ワカメは塩を洗い流しただけでカットして入れてみましたが、これもいい具合になっていました。
これならワカメを水で戻す手間が省けます。
昨日はカミさんが新年会だったので、夕食は久しぶりのレトルトカレーにしてみました。
四角いフライパンに入れた水に袋(パウチ)のままレトルトカレーを浸して弱火で温めてみました。
沸騰する前に取り出してみましたが、中までしっかりと火が通っていました。
この弱火というパワーはスゴイですね。
この技(ワザ)は使えます。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2017年1月20日金曜日

電気を使わない加湿器ガイアモ、タンクにハッカ油を入れてみる、失敗に終わる

今冬、電気を使わない加湿器ガイアモを使い始めたのは、孫娘一家が中国から帰ってきた昨年11月末からでした。
やはり2か月ともなると、フィルターの汚れ・変色が目立つようになってきています。
この汚れを防ぎ長持ちさせる方法はないものかと考え続けていました。
思い浮かんだのは、抗菌効果のあるハッカ油を少しタンク水に入れてはどうかというものでした。
はじめはゴボゴボと音がしてフィルターが水を吸い上げて調子よかったのですが、2度目に少し多めにハッカ油を入れてから、ダンダン音がしなくなってきたように思います。
よく見ると水も減っていないようでした。
フィルターを触ってみると乾いて湿っていませんでした。
フィルターを取り外して見ると根元が変色してヌルヌルとした感じになっていました。
水を吸い上げる先端がハッカ油によってコーティングされていたのです。
このことは、試してみる前にフッと予感めいたものがありました。
フィルターの替え時も近いのでダメ元という実験のつもりもありました。
結果は予感どおりとなりましたわ。
ヌルヌルとした根元を水洗いして、フィルターを1枚1枚タンクに残っているハッカ水に付けて元に戻してみました。
ミント水が滴るのでガイアモをバケツに入れて。
しばらくは、ゴボゴボと音がしていましたが、そのうち音がしなくなりました。
やはりハッカ油を入れるのは失敗だったようです。
抗菌効果を期待したのですが、フィルターの変色はあいかわらず進行していましたし。
やむなく残ったタンクのハッカ水を霧吹きに入れて上からフィルターに吹き付けたりして。
次の替えフィルターは21日(土)に届く予定となっています。
それまで、霧吹きで残ったハッカ水をフィルターに吹き付けますか。
ここでまた、ひとつ思いつきました。
カーテンにもハッカ水を吹き付けてはどうだろうかと。
これなら、ハッカ油の香りと加湿・消臭・抗菌効果も期待できるのではないでしょうか。
しばらく試してみますかな。
このような試行錯誤はけっこう愉しいものですね。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。

2017年1月19日木曜日

アニメ映画『君の名は』、次は『この世界の片隅に』

アニメ映画『君の名は』を観て感動したと話していました。
けいじと同じように感じていた方の新聞記事を見つけました。
【[ぷらざ]夫婦で鑑賞「君の名は。」2017年1月17日(群馬県千代田町・小此木さち子 66)】
◆何てファンタスティックで、描写がきれいな作品なのだろうと思った。登場する東京都内の駅は、私が知っている本物そっくりに描かれていた。
同じように感じてくれている人がいると思うと何かしらワクワクするものがありますね。
もう一つ観てみたい映画があらわれました。
それは、またもやアニメ作品で『この世界の片隅に』です。
昨日、テレビでキネマ旬報日本映画ベスト・テンで1位になったと紹介されていました。
クラウドファンディングサイトで資金調達して作成されたとか。
楽しみがまた一つ見つかりましたわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2017年1月18日水曜日

河内屋のビール買い出し、レシートから購入記録の表作成、もっとも安全な自転車運転を心がけて

河内屋にけいじのビール(厳密には発泡酒)「麦とホップTHE GOLD」1ケースを買い出しに行ってきました。(20170118)
昨日の予定でしたが、体調と気温から判断して繰り越しとして、本日となりました。
今日は風がさほどなかったせいもあり、あまり寒さを感じることはありませんでした。
河内屋のレシートが昨年9月からの分が、うまい具合にまとまっていたので、表作成にしてみようという気が起こりました。
(1ケース350MLx24缶) 
これを見ると、今年に入って価格(税込)が少し上がっていますね。
このように継続するものは、これから表作成としていきますかな。
買い出しは渋滞がなくて気分的に楽な自転車をもっぱら使っています。
自転車の運転はゆっくりと走行して、もっとも安全な運転になるように心がけています。
お陰で、危ない目に会うことがめっきり減ってきたように思っています。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。