2017年7月27日木曜日

けいじの湿度コントロール、星旦二先生の資料による裏づけ、自信を持ちましたわ

昨年、湿度コントロールの重要性に気づいてからは、いろいろと試行錯誤を重ねています。
その重要性を裏づけてくれる記事が飛び込んできました。
"0宣言の家"「体感バスツアー」に参加して以来、無添加計画からDMが定期的に送られてきます。
「MUTENKA TIMES」の特集「『0宣言の家』はなぜ電気代が安くなるの?」に星旦二先生の記事がありました。
星教授は2017年3月25日(土)のブログでも紹介したことのある先生です。
けいじの湿度コントロールに関係のある言葉がありましたので、抜粋してみます。
◆湿度コントロールは住宅の大切な機能
◆快適環境は不快指数で表現されるが、どのような湿度域でも40~70%の湿度で保たれると、人は"乾燥"や"じめじめ"を感じないと言われている
◆カビ・細菌が好む湿度は、人の健康を害する
◆人の快適環境は、カビ・細菌が嫌がる環境である
◆室温が高くても湿度がそれほど高くなければ、体感温度は低く、室温が低くても適度の湿度があれば温かく感じます
◆暑いなと感じる時には、室温だけでなく湿度の調整にも留意することでずいぶん過ごしやすくなると思います
これで、今やっていることに自信が持てましたですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

台風で梅雨が戻る!?、洗濯機の部屋干しとエアコンのランドリーを試す、まだまだ研究の余地がありそう

ここのところ、台風の影響なのか梅雨が戻ってきたような天気が続いています。
汗をよくかくこの時期に洗濯物が溜まってくると、臭いが気になります。
外の湿度が高いと今は閉めきっていますから、ニオイに敏感なけいじにはツラいものがあります。
今朝は珍しく外の湿度が低いので北側の窓は開けていますけどね。(20170727)
それはさておき、はじめて日立洗濯機(BW-V80A)の部屋干しコースを試してみることにしました。
昨朝、羽田から飛び立った孫娘一家が今回は西大井に民泊したので、試す機会が訪れていませんでした。
この戻り梅雨!?のおかげで、試すチャンスがやてきました。(20170726)
部屋干しコースとは、脱水しながら洗濯槽に空気を取り込んで衣類を半乾きにするという機能です。
30分で試してみましたが結果は生乾きのような状態に近く、いい感じに仕上がっていましたわ。
外は雨が降っていたので部屋干しに。
部屋に干した後、今度はダイキンエアコン(うるさら7 AN40TRP-W)のランドリーも試してみることにしました。
ランドリーとは部屋干しの洗濯物を乾かす機能です。
取扱説明書をよく読むと、室内温度や湿度がお好みに合わないことがあるからお部屋に人がいないときにご使用くださいと、書いてありました。
少しためらいましたが、トライして様子を見てみることに。
これはパワフルでしたね。
みるみる湿度と温度が下がっていきました。
さすがに寒くなってきたので、しばらくたってから停止しましたわ。
いつもは、この後に自動で内部クリーンが始まるのですが、設定を取り消しました。
この自動内部クリーンにも室内温度や湿度がお好みに合わないことがあります、と書いてありました。
そうなのです。
この送風・乾燥運転を使うとせっかく下がった湿度や温度がぐんぐん上がってしまうのです。
これを機に、自動ではなく手動で内部クリーンを行うことしました。
湿度と室温が自然に上がってきたところで内部クリーンを手動で運転することに。
そうすれば、室温が上がってきたころに送風の涼しさも享受でき、節約効果も期待できるのではないかと思ったしだいです。
そんなわけで、またもやシャープ衣類乾燥除湿機(CV-F71)の出番です。
寝室から運んできて運転しました。
さらにシャープ扇風機(2012年製PJ-B3CLL-W)も併用して。
洗濯機の部屋干しコースと衣類乾燥除湿機と扇風機で、部屋干しがうまくいきそうです。
乾いた後の匂いも悪くはないですね。
洗濯機もエアコンも衣類乾燥除湿機も扇風機も効率的に使いこなすには、まだまだ研究の余地がありそうですわ。
このように、いろいろと試しては楽しんでいますわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2017年7月24日月曜日

一眼レフカメラの購入、レンズのない商品で大チョンボ、ヨドバシにしておいてよかった

一眼レフカメラの購入をカミさんと娘に頼まれました。
ネットに載せる商品の撮影に使うというのです。
けいじはカメラについては、あまり詳しくありません。
ましてや一眼レフカメラについておや。
細々とした設定など面倒で神経くさいと感じるからです。
デジカメやスマホはオートで使っています。
そこで手軽に撮れるビデオカメラをもっぱら使っています。
カメラ派よりビデオカメラ派です。
あまりよくわからないので、先ず価格.com で調べることに。
予算が3万円以下ということなので、人気売れ筋ランキングで3万円を切る商品を探してみました。
「EOS M10」というカメラが26,784円で出てきたので、この商品のリンク先をカミさんと娘に知らせて見てもらいました。
EOSの名はけいじでも知っていました。
それでよいというのでヨドバシ.com に発注しました。
ポイントで同じ位の値段になるので信頼のおけるヨドバシにしました。
届いた商品を見たカミさんがレンズがないことに気づきました。
それを聞いても、まだレンズのないカメラなんて売っていない、と思い込んでいましたわ。
説明書を読んだり、ネットで調べているうちに、レンズのないカメラもあるんだということがわかってきました。
価格.com の表示をよく読んでみるとレンズは別売ですと書いてありましたわ。
予算オーバーなのでカミさんに相談して、ダブルレンズキット付き(56,130円)に交換してもらうことにしようということにしました。
標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」と、薄型パンケーキレンズ「EF-M22mm F2 STM」が付属しているのです。
ダブルレンズを個々に買うと追加で4万円もかかりますから、7万円以上になります。
それがセットだと、ヨドバシで56,130円なのです。
レンズ1つ付き(標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」)もありましたが、値段が6,000円程しか変わりません。
それならとダブルレンズキットの方に決めました。
このカメラが仕事で大活躍して、商売繁盛をもたらしてくれることを信じて。
よい仕事をするにはよい道具が要りますからね。
と大チョンボをした自分に言い聞かせて、宥めてね。
ヨドバシに電話すると、交換手続きというのはないので、返品して、新たに購入してもらうことになりますとのことでした。
お客様都合となるので、返品の送料はお客様負担でと。
届いた商品をそっくり元に戻して届いた状態に箱詰めして返送しました。
送料は872円
それから新たにダブルレンズキット(56,130円)を注文しなおしました。
昨日、返品商品の受付を完了しましたとメールがありました。
次の商品も出荷したとの通知もありました。
やはり、こんなこともあるので信頼のおけるヨドバシにしておいてよかったですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2017年7月23日日曜日

ことちゃん・ねねちゃん1歳の誕生日会、「パセラリビング」にて、最高の会場でした

昨日、娘たちが主催した、ことちゃん・ねねちゃん1歳の誕生日会に出席してきました。(20170722)
それにカミさんの誕生日会も。

2016年7月24日(日)のブログでも話していましたが、けいじの周りには7月誕生が多いのですわ。
会場は上野の「パセラリビング」でした。
はじめは、手違いがあったのか隣のカラオケ店「Pasela Resorts」のVIPルームに案内されました。
話が違うと娘たちが食い下がったところ、うまい具合に空いて「パセラリビング」の広い方の会場を使うことができました。
カラオケのVIP ルームとは雲泥の差でした。
こちらは、想像以上に桁違いに素晴らしい会場でした。
久しぶりにカラオケで歌いましたわ。
氷雨でスタンダード採点がなんと93点でしたよ。
1番得意なさちこ(暗い酒場での方)を歌うのをものの見事に忘れてましたわ。
おかげで、すっかり寛ぐことができました。
まあ、動画を見てください。
この部屋はスゴく設備が整っていますから。
ビールサーバー、ワインサーバーもあり、シャンパンをはじめ、すべてが飲み放題、冷蔵庫に入っているアイスクリームも食べ放題、その他の設備も使い放題ですから。
それで一人5,000円なのですからね。
生ビール、シャンパン、ワイン、ビール、コーヒーといただきました。
16時スタートで19時まででしたから、酔っぱらうこともありませんでした。
買い物があるからと船橋でカミさんと別れましたが、アコレでしっかりと買い物をして無事に家に帰れましたわ。
娘たちに感謝・感謝ですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。



追記:カミさんのコメントと写真(Facebookより)
20日お誕生日のことちゃん。
24日お誕生日のねねちゃん。
27日お誕生日の私。
3人合同のお誕生日会を
スタジオ パセラリゾーツで❣️
カラオケあり。ダンスあり。
飲み放題にじぃじはすっかりお気に入り。
我が家のリビングの様な感じでゆっくりできて、楽しかったです。
子連れには最適なパーティー会場でした😄
また ぜひ利用したいです
最後に 記念撮影までしてくれました

今年の高温多湿対策、湿度コントロールを重点に、エアコンと除湿機が大活躍

湿度の高い、暑い日が続いています。
今年は温度ではなく、湿度をウォッチしています。
ヤフーの「Y!天気」アプリを使って1時間ごとの湿度を日々チェックしています。
それによると、ここのところ朝夕が80%以上、日中でも60%以上で、50%台になる日は数えるほどです。
そのような状況のもとで、目下のところ実施している湿度コントロールは次のようなものです。
多湿時期なので基準値は60としています。
出社・帰宅するカミさんのために朝晩、リビングのエアコンは運転しています。
夜はカミさんがタイマーを使って運転しているようです。
全室に行き渡るようにドアはオープンにして。
これで各部屋の湿度が60%弱におさまってくれています。
カミさんが出社したら、エアコンを停止します。
すると、エアコンのクリーニングが自動的に始まり2時間ほどしたら停止します。
60を下回っていた湿度が徐々に上がってきます。
3か所(リビング、寝室、書斎)に置いてある湿度計が1つでも65になったら、寝室に置いてある除湿機(CV-F71)を運転します。
各室の湿度が60を下回ったら、除湿機を一旦停止して、湿度計の上がり具合を見ながら外の湿度の様子を探ります。
湿度計が65までぐんぐん上がるようであれば、除湿機の運転を再開します。
湿度計があまり上昇しないようであれば、外の湿度も下がっているようなので、北側のすべての窓を少しだけ開けて外気を取り込みます。
高温多湿のこの時期は南側の窓を開けることはなくなりました。
2016年8月11日(木)のブログでは、猛暑日に家の中で快適に過ごす方法を紹介していました。
その時は、まだ湿度コントロールの重要性に気づいていませんでした。
南側の窓を開けたりしていたので、室温が30度にもなったりしていました。
洗濯物を干したり取り込んだり、布団や靴などを干す時は出入りのためにガラス戸を開けることはあります。
それ以外では日中は閉めきったままです。
ブラインドやカーテンをして室温も上がらないようにしています。
これで室温は、この暑い時期でも27-28度台を保てています。
南側の窓を閉めておくだけでも、室温がそれほど上昇しないので、北側のエアコンは、修理以降まだ運転のチャンスが訪れていません。
換気扇は24時間換気と台所の換気を行っています。
扇風機(2012年製PJ-B3CLL-W)も使って室内の空気が流れるようにしています。
除湿機も扇風機もシャープのプラズマクラスターなので、閉め切っていてもニオイがこもるといったイヤな感じはないですね。
カミさんが休みで家に居るときは、日中でもリビングのエアコンが大活躍してますけどね。
昨年、大きめのエアコンに新替しておいてよかったですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2017年7月20日木曜日

恩師の卒寿記念会、幹事から案内のはがきが届く、出席に〇して投函

5月18日(木)のブログで次のように話していました。
ゼミの先輩から、先生の卒寿記念会が計画されているので、「もし、スケジュール調整と腰痛コントロールが可能なら」出席してはというお誘いのメールがありました。
それに対して体調管理に万全を期して是非にでも出席するようにしたいと思っているところです、と返信していました。
ゼミ同窓会(先生の卒寿を祝う会)の幹事から先週、案内のはがきが届きました。
しばらく躊躇していましたが、出席に〇印をしてようやく投函しましたわ。(20170718火)
通信欄には次のとおり記載して。
----------→
腰痛の不安があるため今まで欠席していましたが、〇〇〇〇さんの後押しもあり、この度は出席してみることにしました。
先生をはじめ、皆さまにお会いできることを楽しみにしています。
幹事の皆さま、ありがとうございます。
←----------
これに先立って、ホテルは既に押さえていました。(20170714金)
中学水泳部の同窓会でも泊まった東横INN新大阪駅東口を。
宿泊料金は次のようになります。
・会員料金(1泊目):4,800円(税込5,184円)
・会員料金(2泊目):6,373円(税込6,882円)
・合計金額:11,173円(税込12,066円)
東横INNは会員だと6カ月前からの予約が可能なので助かりますわ。(一般だと3か月前から)
この大阪駅東口は新大阪駅から歩いて10分程のところにあるのに、ローカル的で都会の喧騒から外れているので気に入っています。
同窓会はマルビルのホテルで昼からのスタートとなっています。
そこで、お墓参りは前日の夕方に行くことにしました。
チェックインして、腰休めしてから。
いよいよ11月4日(土)に向けて物事が動き始めましたですわ。
有り難いことです。
ありがとうございます。

2017年7月19日水曜日

カミさんと外食、久しぶりに「中華食堂 日高屋」へ、流行ってました

3連休の最後はカミさんと外食することにしました。
久しぶりに「中華食堂 日高屋」に行ってみました。(20170717)
ご飯を主食として食べるようになってから、めっきり外食が減っていました。
それからは、なかなか訪れる機会がありませんでした。
2015年12月28日(月)のブログでも紹介していましたが、日高屋はけいじのお気に入りのお店なのです。
京成大久保店ができて喜んでいたのでした。
けいじ好みのメニューがそろっているからです。
安い値段で満足感が味わえるのがいいですね。
お店には夕方の5時半前に入りました。
いつものようにカミさんは事務所から直接お店に。
3連休の最終日は仕事を少しでも片づけておこうと事務所に出ていたのでした。
仕事に対するこの性格はけいじと同じですね。
お客さんはけっこう入っていましたね。
お店のスタッフは厨房に1人とフロアに1人だけでした。
6時前には、ほぼ満席になりました。
見ていて気の毒になるほどの忙しさでした。
お客さんはひっきりなしに、入っては出て行きます。
回転が早いですね。
フロアスタッフの目の回るような忙しさがもろに見える位置に座ったので、カミさんと注文をためらうほどでしたわ。
その中年の女性は6時までだとのこと。
6時に2人が加わりましたが、忙しさのあまり、しばらく帰れない状況が続いていましたね。
途中で手を貸してやりたくなるほどに、飛び回っていました。
自然と応援したくなるほどの働きぶりでしたわ。
レシートは次のとおりでした。
2017年7月17日(月)18時18分
・モツ野菜スタミナ炒め 490円
・餃子 210円
・韓国キムチ170円
・生ビール(中ジョッキ)@310x3 930円
・ハイボール 270円
・中華そば+半チャーハン 630円
合計2,700円
また、行きたくなりますね。
有り難いことですわ。
ありがとうございます。